新年 羽根つき 由来

新年に行われる羽根つきの由来

新年,羽根つき,由来

新年を迎えると、昔の子供たちは、男の子ならコマ回しや凧揚げ、女の子なら羽根つきをして遊びました。 羽根つきの由来は、羽子板が厄をはねのけるということから、元旦にはねを突き合うことで厄払いや魔除けの意味を持つとされています。とても縁起の良いものであることから、お正月に遊ばれるようになりました。 昔は厄除けとして年末に羽子板が贈られていましたが、現在でも女の子が生まれたら羽子板を贈る習慣が残っている地方もあります。 新年の厄除けとして遊ばれる羽根つきは、一般的に簡素な羽子板を使用します。しかし、観賞用の羽子板は、押絵と呼ばれる伝統的な装飾法で飾られているものもあり、商売繁盛の縁起物として店内に飾られることがあります。観賞用の方は、役者の似顔絵や日本舞踊をかたどったものなど、とても華やかです。 こうした昔からの新年の遊びは、最近ではあまり行われなくなりました。遊び方としては主に二通りあり、追羽子と呼ばれる2人で向かい合って行う方法と、貸しっこと呼ばれる1人で何回突けるかを競う方法があります。追羽子は、失敗してはねを地面に落としてしまったら墨を顔に塗られていました。貸しっこは、地域によって異なりますが、特徴のある歌詞をつけた唄に合わせて遊んでいました。 433

新年の羽根つき女の子向けの意味を知りたい

新年,羽根つき,由来

江戸時代では、年末に女児のために羽子板を送る風習がありました。 羽子板は、美しい押絵という伝統的な装飾絵で作られているラケットのようなもので、羽根を飛ばしあうことで、魔除けや厄除けの効果があると言われています。 現代でも、女児を出産すると羽子板を送る風習のある地域がありますし、女児の伝統的な新年の遊びになっています。 羽子板は、女の子向けの美しい絵柄が描かれており、羽根つきをして楽しく遊ぶことができます。 以前の日本では、旧暦になっているので、新年からすぐに立春になっていました。 新年から、立春に掛けての女児の遊戯になっており、1960年代から1970年代のお子様は楽しく遊んだ経験があります。 現代は、羽根つきをしている女児が少なくなりましたが、親しい友人や姉妹、従姉妹などと楽しく遊んでいるお子様もおられます。 大切な女児の厄を払うことができるので、羽根つきは現代でも祖父母からお子様に伝わっている伝統的な遊戯です。 高品質で上質な商品も数多く揃っていますし、お値段がリーズナブルな羽子板も販売されています。 近くに取り扱っているお店が少ない場合は、インターネット通販を利用すると入手することができるので、大変便利です。 434
2014/11/06 22:34:06 |
お正月に行う女の子の遊びとして良く知られているものに羽根つきがあります。羽根つきは奈良時代には杖で毬を打ち合う遊びでしたが、時が経つにつれて板で羽根のついたムクロジの種を打ち合う形に変化していきました。室町時代にはもう今の遊び方と変わらないものになっていたようです。ムクロジというのは大木の名前で、漢字では無串子と書きます。子供が病を患わないという意味があるので、そこから女の子が生まれた時に無病息災を願って羽子板を贈り、赤ちゃんが初めて迎える新年の飾りにする風習が始まったと言われています。新年の飾りとして使われる羽子板は、布の押し絵で歌舞伎役者などをかたどったもので、友禅などを使用して素材にこだ...
詳細を見る
2014/11/05 18:13:05 |
羽根つきといえばかつてはお正月には必ず見られた、新年を代表する日本の伝統的な遊戯。お互い羽を打ち合い、落としたら墨を顔に付ける罰ゲームもある、主に女の子の遊びです。羽根を打つときに使うラケットのようなものは、羽子板(はごいた)と呼ばれ、遊ぶ以外にもお店が商売繁盛の縁起物として飾ることもあります。そんな日本人に根付いている羽根つきですが、その歴史は奈良時代までさかのぼります。それが奈良時代に女子が神事として行っていた毬杖(ぎっちょう)です。毬杖とは、羽根つきの原型と言われ、羽子板の代わりに杖、羽の代わりには毬を使っていました。奈良時代の神事といえば男子の蹴鞠ですが、女性にも同じように神事があった...
詳細を見る
2014/11/04 22:22:04 |
現在、羽根つきは主に女の子のが行う伝統的な新年の初遊びです。道具には「羽子板」と呼ばれるラケット状の板と「羽根」と呼ばれるムクロジの実に鳥の羽をつけたものを使います。遊び方には2人が羽子板を持って羽根を打ち合う「追羽根」と、1人で羽子板を使って羽根を打つ数を競う「揚羽根」があります。追羽根では羽根を落とすと罰として顔に墨を塗られる場合があります。その起源は奈良時代に中国から伝来した女子用の神事「毬杖」で、その後室町時代に杖が羽子板に、毬が羽根に変化して現在のような形になったと言われています。江戸時代には武士階級における女子の誕生祝いの贈答品となり、やがてこれが一般に普及して女児のいる家庭への歳...
詳細を見る
2014/11/03 19:13:03 |
日本の新年の伝統的な遊びの一つ、羽根つきは室町以前に中国から伝わった魔除けの玉うちが起源といわれています。羽つきは最初は板をつかわずに手でやっていましたが、時代の移り変わりとともに板を使うようになりました。この板は、胡鬼板(こぎいた)とも呼ばれ、室町時代に書かれた書物、「世諺問答」の中には、羽根のとぶ様子が虫(蚊)を食べるとんぼに似ているので、子どもが蚊にさされない、おまじないとしてはじめたと記述があります。日本脳炎やデング熱を媒介する蚊は今も昔もいやなものです。また、羽子板で突く羽についている黒い玉は「無患子むくろじ」という木の名前から羽子板は子どもが患わない、病気をしない魔除けとして大切に...
詳細を見る
2014/11/02 07:05:02 |
新年には新しい年の無病息災を祈る様々な行事があります。新年に行われる遊びの一つに羽根つきがあります。これは、元旦にはねと付き合うことで厄払いや魔よけの意味を持つとされています。江戸時代には厄除けとして年末になると羽子板を贈る習慣がありました。羽根つきに使われる羽子板には、観賞用として造られた豪華なものと、実際に羽をつき合うための簡素なものとがあり、観賞のためのものは押絵羽子板と呼ばれ、華やかな柄をかたどった豪華なものが数多くあります。かつては人気役者の似顔を映した押絵羽子板が流行し、その後、形や素材などを変えながらも現在に及んでいます。今でも女の子の出産のお祝いとして、羽子板を贈る習慣が残って...
詳細を見る